ただのメモ

他の人に見せても良い方のメモ

Cramer's rule

クラメルの公式というものがある。こちら。

  • 線形代数学における公式
  • 未知変数の数と方程式の数が一致して、一意に解ける線型方程式系の解に関する公式
  • 式は、上のリンクにあるものを参照。
    • Ax=bとして、i個目の変数については、Aの行列式を分母に、Aのi個目の部分をbに入れ替えた行列の行列式を分子に持ってきた、分数が解。
    • ここで、分母が0にならないことに注意