ただのメモ

他の人に見せても良い方のメモ

循環器病学ノート ~不整脈~

不整脈

  • 不揃いな脈拍、頻脈、徐脈。心臓の電気の発生と流れに異常があるため、整った脈が作られない。洞結節から、心房、房室結節、心室へと伝わる。正常なら1分に60~100回打つ。
  • 動悸、胸痛、めまい、失神、息切れ、だるさ
  • 心電図。心エコー。心臓カテーテル検査。EPS、ヘッドアップティルト検査
  • 生活習慣(酒、たばこ、カフェイン、睡眠、ストレス)、抗不整脈薬、抗凝固薬、電気的除細動(ショック)、カテーテルアブレーション(焼灼)、手術、ペースメーカー(埋め込み)、埋め込み型除細動器(ICD、脈の監視とショック)

心房細動

  • 動悸、脳梗塞合併、65歳高齢者の5%。
  • 複数の異常な電気の渦が心房内で高速に旋回する。心房細動中は、1分間に400~500回心房に、房室結節の電気的特性(流れたあと一時的絶縁体化)により間引かれ、120~150回心室に電気が流れる。心房は震えるだけ、ポンプ機能20%低下、左心房での血栓形成確率増加。脳梗塞に。
  • 発作性、持続性、永続性。
  • 高血圧、甲状腺機能亢進症、弁膜症、心筋症、虚血性心疾患。孤発性心房細動。
  • 心電図、心臓エコー。
  • 抗凝固薬(ワルファリン)、心拍低下薬、抗不整脈薬、カテーテルアブレーション(左心房と肺静脈の電気的隔離)

発作性上室性頻拍

  • 突然脈拍がはやくなり、持続し、突然止まる。心房などから電気が起きている。
  • 房室結節回帰性頻拍、WPW症候群(Δ波、心房と心室の間にケント束)、心房頻拍、心房細動。
  • 心室頻拍。
  • 心室性期外収縮が3つ以上連続して現れた場合。1分間に120から250回。
  • 動悸、胸痛、めまい(脳虚血)
  • 心電図(正常なQRS波、P波の確認)
  • カルシウムチャネル遮断薬、β遮断薬、ジギタリス、ATP製剤。電気ショック。高周波カテーテルアブレーション。埋め込み型除細動器。

徐脈性不整脈

  • 1分間に心拍数が60回未満。めまい、眼前暗黒感、失神、疲労感、息切れ。
  • 洞不全症候群。Rubenstein分類。1型(原因不明)、2型(洞停止、或いは洞房ブロック)、3型(徐脈と頻脈合併)
  • 薬剤服用停止。恒久型ペースメーカー
  • 房室ブロック。(房室結節を介した興奮伝導が障害)。第1度房室ブロック(心房~心室間の伝導時間の延長)、第2度房室ブロック(心房~心室の伝導が突然途絶するもの)、(Mobitz1型:徐々に延長した後、心室の興奮が脱落。Mobitz2型:延長なしに突然に心室の興奮が脱落)、第3度房室ブロック(心房~心室の間の伝導が完全に途絶。

致死性不整脈

  • 心室細動心室が小刻みに動く)や心室頻拍(心室から発生した電気刺激により拍動が加速)から起こる。
  • めまい、失神、意識不明。
  • 電気的除細動。採血、心筋症。
  • 不整脈薬、カテーテルアブレーション。ICD、CRT-D

QT延長症候群

  • 失神、心停止、突然死
  • 遺伝子異常(LQT1,2,3)
  • 生活指導、薬物、ペースメーカー、ICD

QT短縮症候群

Burgada症候群

進行性心臓伝導障害

カテコラミン誘発性多型性心室頻拍

 

 

バイバイ!