ただのメモ

他の人に見せても良い方のメモ

自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎について

  • 中年以降女性
  • 組織像
    • 門脈域線維性っく大、単核球浸潤、形質細胞、肝細胞壊死、肝細胞ロゼット
  • 臨床像
    • AST, ALTの上昇
    • 抗核、抗平滑筋抗体陽性
    • 血清igG高値
  • 治療

参考サイト

 

休憩する

#6角形メッシュの生成法
import math
import matplotlib.pyplot as plt
PX = 1; PY = PX * math.sqrt(3)/2
L = PX / math.sqrt(3)


def hexmesh(x,y):
    plt.plot([x - PX/2, x - PX/2], [y - L/2, y + L/2], "k")
    plt.plot([x + PX/2, x + PX/2], [y - L/2, y + L/2], "b")
    plt.plot([x - PX/2 , x], [y + L/2, y+L], "r")
    plt.plot([x, x + PX/2], [y + L, y + L/2], "g")
    plt.plot([x - PX/2, x], [y - L/2, y - L], "m")
    plt.plot([x, x + PX/2], [y - L, y - L/2], "c")
    
def main():
    mesh_list = [[x,y] for x in range(10) for y in range(10)]
    for x, y in mesh_list:
        cx = x * PX if y%2 == 0 else (x+0.5) * PX
        cy = y * PY
        
        plt.plot(cx,cy,"ok")
        hexmesh(cx,cy)
        
    plt.show()
    
if __name__=="__main__":
    main()

そこから派生して、肝組織における微小循環をモデルした研究に行きつく。こちら。

Jacobi's iteration method(何回も代入しながら、解に近づけていく手法)と、Darcyの法則(流速が圧力と比例、比例定数に粘性、透過性、長さが関係。それらに変数を持たせるともっと複雑になる。例えば、透過性をテンソルで置いてみる)、流量保存則を組み合わせて、圧力勾配とそれに対応する速度を求めている。

酸素とかサイトカインとかもモデルしているらしいが今は無視する。

 

alpha = 10; K0 = 1
Krhorho = K0 * 1; Krhophi = K0 * 0
Kphirho = K0 * 0; Kphiphi = K0 * 1 / alpha

def Kxx(phi) = Krhorho * math.cos(phi)**2 - (Krhophi + Kphirho) * math.cos(phi) * math.sin(phi) + Kphiphi * math.sin(phi)**2
def Kxy(phi) = Krhophi * math.cos(phi)**2 + (Krhorho - Kphiphi) * math.cos(phi) * math.sin(phi) - Kphirho * math.sin(phi)**2
def Kyx(phi) = Kphirho * math.cos(phi)**2 + (Krhorho - Kphiphi) * math.cos(phi) * math.sin(phi) - Krhophi * math.sin(phi)**2
def Kyy(phi) = Kphiphi * math.cos(phi)**2 + (Krhophi + Kphirho) * math.cos(phi) * math.sin(phi) + Krhorho * math.sin(phi)**2

 

のめりこみたさはあるが、今はストップする。