ただのメモ

他の人に見せても良い方のメモ

嫌気性細菌

  • こちらをまとめる。
  • 細菌
    • 分類(酸素に対する要求性と耐性
      • 通性嫌気性
        • 酸素あってもなくても
      • 微好気性
        • 低濃度の酸素が欲しいor高濃度の二酸化炭素
        • 酸素ないとしんどい
      • 偏性嫌気性
        • 好気性代謝できない
        • 耐性はいろいろ
          • 絶対
            • 0.5%
          • 中等度
            • 2~8%
          • 耐気性嫌気性菌
            • 大気に一定時間耐え
            • 感染症起こす偏性嫌気性菌の大概
        • 壊死組織とかで増殖
        • 粘膜の常在菌叢
    • グラム陰性嫌気性菌
      • Bacteroides属
        • 腹腔内感染症
          • こちら。Intra abdominal infection。Inter abdominal infectionじゃないよ。(腹腔間感染とは?)
          • 様々
          • 腹膜炎、憩室炎、胆嚢炎、胆管炎、膵臓
          • 感染様式、感染臓器、感染状況が様々
          • 腹膜炎
            • 腹水、肝不全を来す
            • 消化管は傷がないのに、かかるケース
              • 由来
                • 肝硬変、腹水による
            • 外傷や胃壁の壊死
              • 胃で腹腔内に入っていく
      • Fusobacterium属
      • Porphyromonas属
      • Prevotella属
    • グラム陽性嫌気性菌
    • 嫌気性菌感染症の性質
      • 化膿性
          • 膿瘍形成
          • 組織壊死
        •  時々
          • 敗血症性血栓性静脈炎
          • 気腫
      • 菌の特徴
      • 好気性菌、嫌気性菌の混在
    • 診断
      • グラム染色
      • ガスの存在
      • 悪臭
      • 壊死
      • 粘膜の近傍であること

時間依存的に増殖し、環境からのストレスを感じにくくなるモデル。

個々は変化しなくても、増殖する過程で、変異が入り、それが進化論的に淘汰されることで、集団全体としては、良くなっていく。

 

class Bacteria:
  def __init__(self,g,s):
    #bacteria num, diversity, local
    self.growth = g
    self.sense = s
    self.time = 0

  def grow(self,T):
    while True:
      self.time += 1
      t = self.time
      if t >= T:
        return self.growth,self.sense
        break
      else:
        self.growth *= self.growth ** (1/self.sense)
        self.sense -= 0.1
        #print(bn.grow(T))

b = Bacteria(2,1)
ans = b.grow(3)
print(ans)
  • 浮動を入れても良い
  • 時間依存的な繁殖能力の増加傾向、感度の減少傾向を保持していることが、微生物の良いモデルのための必要条件である。
  • 十分条件であるとは言えない。

バイバイ!