ただのメモ

他の人に見せても良い方のメモ

前にもこの人会った、ということ

  • 41人来ました、5人の部屋を5つ、4人の部屋を4つ、作ります。
  • 1回目に5人の部屋にいました。
  • 2回目にどこかの部屋に行くとき、さっき会った人と会う確率がいくつか気になる。
  • def c5(n):
      return n*(n-1)*(n-2)*(n-3)*(n-4)/(120)
    def c4(n):
      return n*(n-1)*(n-2)*(n-3)/(24)
    def c3(n):
      return n*(n-1)*(n-2)/(6)

    pc = 5*c4(36)*c5(36)*c5(31)*c5(26)*c5(21)*c4(16)*c4(12)*c4(8)*c4(4)
          +4*c3(36)*c5(37)*c5(32)*c5(27)*c5(22)*c5(17)*c4(12)*c4(8)*c4(4)
    pm = c5(41)*c5(36)*c5(31)*c5(26)*c5(21)*c4(16)*c4(12)*c4(8)*c4(4)
    pm2 = 5*c4(40)*c5(36)*c5(31)*c5(26)*c5(21)*c4(16)*c4(12)*c4(8)*c4(4)
          +4*c3(40)*c5(37)*c5(32)*c5(27)*c5(22)*c5(17)*c4(12)*c4(8)*c4(4)
    print(1-pc/pm2)
    print(1-pc/pm)
    0.3249661728480727
    0.3249661728480727
     
  • 32%の確率で、誰かと会うことになる。
    • この問題は、抽象化すると、
    • いくつかバラバラなもの、点を考える。
    • それを互いに素なグループに分ける
    • 同じグループになったら、点と点の間に辺を引く
    • いったん分けるのをやめる
    • また、分ける。
    • 辺を引こうと思ったら、既に引いていました、ということが起こるのはどれだけか
    • 組み合わせに意味がある。
  • そう言う事象の分布に興味が出てくる。
    • 別の記事にまとめるとする。
  • 誰かと会った時に、この人に前も会った、と認知することになる。
  • そこで既視感を感じるのは、どういうことか、を考えてみたい。
    • 覚えているとは、どういうことかを考える時、逆に覚えていないとは、どういうことかを考えることも役立つ。
    • 他に、そもそも覚えているか覚えていないかがわかる・わからないという議論も役に立つ。
      • 今回はこっちはパス
      • これを言い出したら、覚えていることがわかる・わからないかがわかる・わからない、という風に言葉の列が出来てしまう(面白さ?)
  • こちらの文章をまとめる。
    • 邪魔されていない深い(十分な時間の)眠りをしたら、顔と名前を覚える、という記憶力が一気に上昇した。
    • 質の高い睡眠と、記憶容量を向上させるための、睡眠時の情報の再活性化のされ方には、関係がある。
    • 睡眠障害があると、記憶にも影響がある。
    • Apnea、無呼吸
      • 深い睡眠の妨げ
      • これが、記憶を損なうことが知られている
      • この説明になる理論
    • もう少し、睡眠時に「なぜ」活性化されるのが良いのか、という理屈が気になる。
      • 再活性化のされ方を学べば、脳内での情報の保持の仕方の理解に繋がる。
  • 前に会った、というのの、前、というのがどれくらい前なのか、によって考えることが変わる。
  • 程度をかえる事で、問題の質が変わる、ということか?

バイバイ!